住宅ローンは年収の何倍まで利用できるか

住宅ローンは住宅を購入するためのローンであることから、高額な限度額で利用することができると考えている人が多いものです。しかし実際の限度額の算出には様々な要素があり、同じ年収でも人によって限度額が異なってくるケースが多いので注意をしなければなりません。最近では、限度額の相場は年収の7倍から10倍といった数字が示されることが多くなっています。しかしこれはあくまでも目安であり、個人の状況や購入する物件の種類等によっても変動するため注意をしなければなりません。

特に住宅ローンを申し込む際には物件の購入契約書を金融機関に提示する必要があり、この購入金額と借入希望額の割合も重要な要素となっています。住宅ローンは自己資金を補填するものであることから、基本的には物件の購入金額を上回る金額を借り入れることができません。また、また1年間の返済金額が年収の35%以内と言う相場も存在しており、これを満たすことが必須の条件となる場合もあります。すなわち借入希望額が年収の10倍以内であっても、物件の金額を上回る借り入れはできないものとなっていたり、返済額が利息を含め年収の35%を超える場合には審査で拒否されてしまうこともあるので注意が必要です。

住宅ローンを利用する際にはこの点に十分に注意をし、自分で確実に返済をすることができる金額を想定することが必要となります。また金利の仕組みにも注意をし、できるだけリスクが少ない方法を選ぶことも大切です。多くの金融機関では住宅ローンの詳細な説明会なども頻繁に開催しているので、これらを利用して知識を得る事は重要なポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です