住宅ローンを組むのに年収はどのくらい必要?

家を建てたいというのであれば、資金が必要ですが、実際のところかなりの金額が必要ですので多くの方は住宅ローンを組んで返済していきます。とはいうものの、住宅ローンを組むのにはいろんな審査がありますし、条件もありますので申し込んだ人全員が希望金額を借りることができるかというとそうではありません。では、どんな条件があるのでしょうか?一つは年収です。住宅ローンは様々な金融機関が行っていますが9割以上の金融機構が審査項目としています。

いくらないといけない、というわけではありませんが、一般的に年間返済額の目安は年収の25パーセントといわれていますので、年収かける25パーセントを計算してみるといいかもしれません。例えば、年収が500万円でほかに借り入れがない方の場合ですと、500万×0・25=125万円となりますので年間の返済可能金額の目安は125万円ということになります。これを12か月に割ると、一か月の返済額は約10万4千円という計算です。住宅ローンを組みためには正社員であることが望ましいですが、必ずしも正社員でなければいけないというわけではありません。

契約社員や派遣社員さらにはパートやアルバイトをして生計を立てておられる方でも住宅ローンを組むことは可能です。まじめに勤務していること、健康状態に大きな問題がない、ほかにたくさんの負債を抱えていないといったことですので自己吟味してみることおすすめします。住宅ローンの年収のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です