住宅ローンを組む際には必ず相談を

家を建てる際に多くの方は自分たちがこれまでためた預貯金に加え、住宅ローンを組んで土地と建物を購入します。多くの方は計画的にローンを組みますが中には、自分たちの年収や支出を考えずに大型ローンを組んでしまう方も少なくありません。あまりよく考えずに住宅ローンを組んでしまい結果として支払えなくなって家を手放さなければいけなくなった、というケースも決して珍しくありません。では、そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか?それは、住宅ローンに詳しい専門家やプランナーに相談することです。

相談窓靴は、インターネットで検索するなら見つけることが出来ますし、住宅展示場でも相談窓口が設置されていることがあります。また、銀行や郵便局などの機関でも受け付けてくれることもありますので、相談してみることをおすすめいたします。相談する際には、夫もしくは妻だけで行くのも良いですが出来たら夫婦そろっていくほうが、良い計画を立てることが出来ますし夫婦が納得のゆく形のローンを組むことが出来るからです。住宅ローンは20年・30年・35年と長期間にわたって支払わなければいけませんので、できるだけ負担がないように月々の支払額を抑えるとともに、大きすぎるローンは組まないようにしましょう。

もし、手持ちのお金があまりない、というのであれば予算を少し抑えてローコスト住宅を建てるもしくは、コンパクトな住宅にするというのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です