住宅ローンの頭金の額は役割を理解して決定する

住宅購入の際には住宅ローンを利用するのが一般的です。住宅購入代金は年収を遥かに超えることが珍しくないので、全てを手元資金で賄うことは簡単なことではありません。それを考えれば住宅ローンを利用して、住宅購入をするのが一般的であることは当然と言えます。住宅ローンは購入代金全額を借り入れる場合と一部のみの場合があります。

一部のみを借り入れる場合には、手元資金の足りない分を借り入れで補うことになります。この手元資金のことを頭金と言います。住宅ローンを組んで住宅を購入する場合は、頭金を必ず用意する必要があるわけではありません。購入に必要になるお金を、全て借り入れて購入することも珍しいことではありません。

手元資金を多く残しておく事には、何かお金が必要になった場合に慌てなくて済むというメリットがあります。また、契約に伴って必要になる諸手続きに関する手数料などは現金で一括払いすることが必要なものも多いので、そちらに回すための資金として残しておくべき場合もあります。もちろん、貯金が無くても住宅購入が可能になるということも魅力です。頭金を多く用意すればその分借り入れるお金は少なくなります。

借入金が少なくなれば基本的には月々の支払いも少なくなり、その分生活費を多く確保することが出来ます。住宅ローンは長期に及ぶものが多いので、借入金が少し違うだけでも利息を考えれば総返済額に大きな違いが出る場合もあります。返済の継続を楽にしたい人は、多めに頭金を用意した方がいいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です