住宅ローンフラット35のメリットとデメリット

住宅ローンの1つにフラット35と呼ばれるものがありますが、これから住宅ローンにフラット35を活用したいと考えている人もいることでしょう。しかしメリットもある反面デメリットもあることから、どちらもしっかりと把握した上で本当に活用しても良いのかどうかをしっかりと検討する必要があります。まず最初に住宅ローンフラット35のメリットに挙げられることとしては、全期間固定金利型であるため、契約してその後に金利が上昇しても、月々の返済額が変わらない点が挙げられます。これが一番のメリットであり、金利により返済額が変わることもないため、いつ金利が上がってしまうのかとビクビクしながら過ごす必要もありません。

家計においても計算しやすく、安定を求める人にはぴったりといえます。自営業の人でも比較的審査に通りやすい点もメリットです。さらには繰り上げ返済も手数料が無料で、保証料もいりません。フラット35Sを利用すればさらに金利の引き下げも期待できるのです。

反対にデメリットに挙げられることとしては、変動金利にしたい人や金利の選択肢を多く持ちたいと考えている人にとってはこの店がデメリットとなります。借り入れができる限度額が民間のローンよりも低く設定されているため、買おうと考えている物件が高額である場合にも不向きと言えるでしょう。住宅に対し審査基準が厳しい面も人によってはデメリットになる可能性があります。このようにメリットもあればデメリットもあるため、自分の就労状態、金利に対する考え方などを考えた上で、利用の判断を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です