フラット35は完済まで金利が変わらない住宅ローン

フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供している住宅ローンです。その名前の通り最長35年間、金利が変わらないタイプで、借入時に金利を固定できるので借りる方はライフプランを立てやすくなります。民間の金融機関は長期の固定金利を提供しないのが一般的ですが、そのリスクを住宅金融支援機構が担うことで住宅を建てるための資金を調達しやすくなっています。フラット35の仕組みですが、従前の住宅金融公庫のように住宅金融支援機構が直接貸し付けをおこなっているわけではなく、あくまで窓口は民間の金融機関です。

借入れを希望する人は金融機関から融資を受け、住宅金融支援機構がすぐにその債権を買取る仕組みになっています。買取った債権は信託銀行に信託され、それを担保として投資家に発行、投資家がリスクと利益を購入するという形で資金を提供します。フラット35の特徴はなんといっても完済まで長期間にわたって金利が変わらないことです。そのため毎月の支出を予想しやすく家計のコントロールがしやすくなります。

また民間の金融機関から借りる住宅ローンのような保証料がかからないというのも魅力だといえます。その他にはアルバイトやパートなど幅広い働き方の人も利用できる住宅ローンだということです。どんな融資も審査に通らなければ借りることはできませんが、フラット35はどんな働き方をしている国民であっても幅広く住宅をもてるようにという国の方針に沿って、利用しやすい審査基準で借りることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です