フラット35という住宅ローンの特徴について

住宅ローンの検討をしていると、フラット35というワードを見聞きする機会があるでしょう。これは一体、どんなものなのでしょうか。まずフラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携を結んだうえで提供している住宅ローンになります。金利のタイプは固定型で、それが最長で35年間続くのです。

安定した収入があって70歳未満であればほとんどの人がフラット35の審査に通過できますが、入居する住宅に関しては面積や建材の質などに条件が定められています。ちなみに床面積は、最低でも30平方メートルは必要です。建材の質に関しては、耐久性がキーになります。またこの住宅ローンは新築の注文住宅だけでなく、中古住宅に入居する際のリフォーム代として利用することもできるのです。

その他のメリットとしては、各種手数料の多くが無料であることが挙げられます。民間のローンの場合は数十万円もかかるローン保証料がフラット35の場合は無料ですし、繰り上げ返済をした際も手数料が発生しないのです。ただし契約にあたっては、3万円から10万円程度の事務手数料がかかります。また信用保証会社からの保証は不要ですし、団体信用生命保険への加入は強制ではなく任意です。

さらに地域連携型のフラット35もあります。これは地方公共団体が補助金を交付するとともに、加入後の数年間にわたって金利を引き下げる住宅ローンなのです。ただし親と同居するか、もしくは親の居住地の近隣に住宅を建設しなければならないといった条件があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です