固定と変動金利がある住宅ローン

住宅を購入する時に利用する住宅ローンですが、固定と変動金利があるのでそれぞれのメリットとデメリットを良く把握した上で使うのがお勧めです。住宅ローンを使わずに家を購入する人の方が少なく、ほとんどの人は融資を受けますが申し込みをする金融機関ごとにそれぞれ金利やサービス内容が異なります。固定金利は、スタートから払い終わるまでの金利が一定ですがその分高めに設定されているものです。変動の場合には、とても低めに設定されていますが見直しが定期的にあるので急に上がる可能性もあります。

住宅ローンを組む際には、どちらかを選ぶことになりますが両方をミックスさせることも可能です。例えば、固定にしたいけど金利が高いのが気になったり変動が良いけど上昇のリスクが心配な方は両方をミックスさせると双方の利点を享受することができます。固定の場合には、少し高めの設定になりますがその分上昇のリスクにさらされずにライフプランを作りやすいです。早期に繰り上げ返済をしたいなら、変動を選んでおくと短期間で返済しやすくなります。

又、購入する金額やライフスタイルでもどちらを選ぶ方がメリットが大きいかは違うのが実情です。シミュレーターを利用するなどして、月々いくらくらいの返済にしたいのかや繰り上げ返済をするかどうかなどを検討してみてはいかがでしょうか。変動にも固定にもそれぞれ良いところがありますので、よく考えて決めると安心して生活ができます。住宅ローンの固定変動のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です