住宅ローンの支払いの目安を知る

現代の住宅購入者の多くは、住宅ローンを組んでいます。昔と比べて、金利が安くなったことから使いやすいのが特徴と言えるかもしれません。金利が安いといっても、今後変動する可能性はありますが、高くなる事はあまりないでしょう。つまり固定金利であっても変動金利であっても、そこまで違いは無いかもしれません。

ただできれば、変動金利の方が若干有利になる可能性があります。住宅ローンを利用する場合には、一体どれぐらいの返済金額が目安となるでしょうか。住宅ローンの返済金額の目安は、今まで賃貸住宅を借りていたとすれば家賃よりも低く見積もった方が良いです。例えば、住宅を手に入れる前に毎月賃貸マンションに100、000円のお金を払っていたとします。

家賃が100、000円の場合は、滞りなく支払えたとしても、住宅ローンは100、000円以下にしたほうが良いといえます。なぜそのような目安なのかと言えば、住宅を手に入れた後には様々なところでお金がかかるからです。例えば住宅が故障した場合これの修理は自分で修理費用を出さなければいけません。賃貸物件の夜に、オーナーが支払ってくれるわけではないといえます。

そう考えると、予想外の出費が考えられるわけです。それに加えて、毎年固定資産税の支払いも忘れてはいけません。保険等に加入することになりますので、保険の支払い等も頭に入れておきましょう。そうするとやはり、かなり余裕を持っていた金額の支払いが重要になります。

できれば、100、000円の賃料を支払っていた場合でも70、000円未満の支払いにしておいた方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です